最後の活動のタイトル曲に、流行りとか大衆受けする曲じゃなくこれを持ってきたことに、どれだけジョンヒョンを想っている

こちらにもたくさんSHINee人気ブログがあります!

人気ブログランキング

スポンサーリンク



スポンサーリンク