所属事務所側から謝罪文訳しました 曲の内容を理解した制作会社がジョンヒョンを連想して使用

こちらにもたくさんSHINee人気ブログがあります!

人気ブログランキング

スポンサーリンク



スポンサーリンク