キー君がペンの近くを歩いてくれたのは、離れた席でも近くでみせてあげたいという優しさだよね。

応援クリックお願いいたします!

スポンサーリンク

応援クリックお願いいたします!

スポンサーリンク